もう、いいんだよ。

前向きに生きるための合言葉

整形したいと考えた、27歳、冬。

 

いうのは冗談ですが、

あながち間違ってもいないという。

 

正直つい最近まであまり深く考えたこともなかったんだけど、

20代後半に入ってぽっこり生まれたコンプレックスがある。

 

これは年齢のせいもあるのかもしれなくて、

25歳ぐらいから、笑うと歯茎が見えるようになってきた。

多分、昔はそんなことなかったと思う。

 

そこから気にしだした口元。うん、口元。

 

 

っこう最近になって、会社の飲み会の二次会で

偶然隣に居合わせた50代のおっさんに絡まれたことがある。

 

終始、「かわいい」「べっぴんさんだ」などと褒められた。

地元にこんな美人がいるとは思わなかった、感動した、

芸能界に入ったらどうだ的なレベルまで言われた。

 

おっさんはお酒も入ってたし、場所も薄暗かったから

多分目の錯覚だと思うんだけど、それにしても褒められた。

 

で、

 

最終的な終着点。

 

「だけど、歯がもったいないな。ちゃんと治したほうがいい」

 

 

おい、おっさん。

それを言いたかったがためにとりあえず褒めちぎっただけかい?

 

いきなり核心をつくのは気がひけるから、

まずは褒めて私をいい気分にさせといてからの・・・?

 

 

 

も、実際の所、おっさんの言う通りなのだ。

 

小さい頃私は完全な受け口だった。

幼稚園とかの時の写真とか見ると口元クッキングパパだからね。

あと、今よりももっと歯並びも悪かった。

 

だから小学生の時に矯正をしていた。

 

お金も時間もかけてもらって、親には感謝している。

ただ当時の私自身があまり真面目に取り組んでいなかったというか、

あまり深く考えていなかったというか、

面倒臭がりだったというか、

 

途中で治療を辞めちゃっている。

あの、ブラケット?っていうの?

あれを外してから、寝る時は必ずマウスピースつけなきゃいけないのに

いつの間にか歯医者にも行かなくなって、自然に辞めてた。

 

でも中学生の頃はまぁまぁ綺麗になっていたと思う。

治ったことで慢心になっていたのもあるかもしれない。

 

多分、それがいけなかった。

 

 

動は20歳を超えてから訪れる。

 

20代前半はあまり気にならなかったんだけど、

本当、ここ2〜3年で後戻りが半端ない。

 

全体的にもだけど、上の歯の何本かが完全に内側に入ってしまった。

数年前はなかったと思うんだけど・・・。

 

で、少し痩せて顔の肉がちょっと落ちたからか、

骨格が前よりはっきりしてクッキングパパの名残が出てきてる。

(丸顔ぽっちゃりは変わんないけど)

 

 

矯正の後戻りと、歯茎が見えるようになったのは

関係があるのかはよくわからないけど、

最近になって人前で笑うことが怖くなってしまった。

 

 

 

し、目の前に「朝起きたら自分の思い通りの顔になっているボタン」

があったら躊躇なく押すだろう。

 

ドラえもんがいたら間違いなく力を借りると思うし、

新しい顔を作ってくれるジャムおじさんがいたら

少し顔を変えてと要望を出すかもしれない。

 

整形したいとかいう気持ちはそれくらいのレベルの話で、

別に本気で思っているわけじゃない。

 

 

ただ、もう一度歯の矯正はしたい。

今度の休みに暇があったら歯医者に行こうと思ってる。

調べたらちょうど近くに矯正歯科があった。

 

もちろん、また時間もお金もかかってしまう訳で、

今すぐどうこうということはないんだけど、歯医者さんに相談はしてみたい。

 

まぁ、笑うと歯茎が見えるのは

それこそ整形じゃないと治らないかもしれないなぁ・・・。

 

 

けど私だって、

楽しかったら笑いたいし、嬉しかったら笑いたい。

幸せだったら笑いたいよ。

 

 

 

気分を入れ替えて久々に今日の弁当。

 

f:id:berumo:20161119021519j:plain

 

なんか・・・適当に。

 

そういえばこの前久しぶりに体重計に乗ったら

50.5kgとかそれぐらいで、

自分が思ってたほど太ってもいなかった。太ったけど。

 

多分ここがクッキングパパ化が進むラインだと思う。

でもダイエットはちゃんとしよう。します。